バッハ/平均律クラヴィーア曲集第1巻 - 第3曲(嬰ハ長調)

 前奏曲の前半は右手と左手の旋律が交互に入れ替わり、後半は右手と左手のリズムが半拍ずれて交互に音を出す。ショパンの練習曲Op.10-4はこの前奏曲の前半部から発想を得たのだろうか。フーガはやや長めの3声のもの。楽譜はこちら
 ちなみに嬰ハ長調は#が7つ、即ちハ長調の音階の全ての音が半音上がる調性。同音異名の変ニ長調(♭が5つ)が使われることが多く、嬰ハ長調はほとんど使われることがない。慣れないからか、何となく譜面も読みにくい。

● エドウィン・フィッシャー
 明るく演奏されることの多いこの前奏曲を、フィッシャーは実に静かに、そして控え目に弾く。そしてそれがこの上なく美しい。前半部に現れる四分音符+八分音符で構成された旋律を弾くとき、彼は四分音符を充分に伸ばして、あたかも四分音符の音列が旋律であり、八分音符は装飾か何かであるかのように弾く。この四分音符の旋律の抑制された歌に湛えらた、えも言われぬ詩情の素晴らしさと、八分音符の絶妙な音色の美しさは他に例えようがない。この八分音符の音色は、右手に現れるときと左手に現れるときで全く異なるけれど、どちらもため息が出るほどきれい。また、そこに添えられる16分音符の細かい音型も、澄んだ湖の表面に現れる細かなさざ波のように、極めて繊細な美しさで弾かれる。
 後半部の息の長いデュナーミク(音量のコントロール)も気品と教養に裏打ちされており、一分のわざとらしさもない。前奏曲最後の、終結の和音を三つ弾くところで、「ああ終わった!」という感じで急に陽気になるところに、フィッシャーの無邪気な朗らかさが伺えて微笑ましい。
 フーガの主題も控え目な音量で始まるものの、ここでフィッシャーは16分音符をわずかに詰めて速めに弾き、八分音符はやや溜めて遅めに弾く。この微妙なリズムの息遣いが表現に生命の彩りを添え、穏やかながらも豊かな歌に満ちた演奏を実現する。この演奏でも彼は盛んに弾き間違いをやっている。ときには、右手が音を抜かしたのを左手が気付かずに入ってきて、無理矢理つじつまを合わせているような場所もある。でも、それはこの演奏の愛嬌を増しこそすれ、瑕疵になることはない。人間の営みの面白さの典型の一つだろう。

● ダニエル・バレンボイム
 師のフィッシャーほぼ同じスタイルの演奏。前奏曲ではフィッシャーが四分音符+八分音符の旋律を表に出すのに対し、バレンボイムは16分音符の細かい旋律の方を表に出す。全体として音量は静かに、しかし表現は豊かに弾く点はフィッシャーと共通だけれど、表現の頂点の構成の仕方はより現代的に洗練されている。また、弱音でも輝きを失わない音色の美しさも素晴らしい。
 フーガの主題のリズムの動かし方もフィッシャーと同じ。この歌い回しの表現の徹底はフィッシャーの上を行っており、曲中でフーガの主題が現れるたびに、このリズムの息遣いが聴こえてくる。

● フリードリヒ・グルダ
 極めて明瞭な音と精緻なリズムの演奏。音量の変化は付けられていないため、フィッシャーやバレンボイムのような「歌」の魅力ではなく、運動性の面白さが際立つ。
 フーガもノン・レガート(音と音をつなげない)、マルカート(一つひとつの音を明確に弾く)の音楽。中庸のテンポを正確に保ち、全ての声部を過不足なく完全に同等に弾き続ける。控え目でありながらも効果的な音量・音色の変化をつけることで、演奏に格調の高い表情が与えられている。

● グレン・グールド
 前奏曲は驚くような高速の演奏。それでも決して音とリズムは崩れない。グルダと同様の、精密な運動性の面白さがここにもある。最後の一節でふっと崩した表情を見せ、終結の和音を軽く弾くところの、遊び心のセンスの良さも印象的。
 フーガもグルダと近いスタイルだけれど、グルダがどちらかというと力強さを感じさせるのに対し、グールドは軽々と空を駆けるようなところがある。グールドの非常に軽い音でのノン・レガートの効果である。

● マウリツィオ・ポリーニ
 前奏曲は正確なリズムを維持しつつも、「歌」の表現の方に意欲的に踏み込んでいる。ただし響きの豊かさとは裏腹に、柔和な歌ではなくポリーニらしい硬派な歌い口。録音の残響が長い上に、右手の旋律と左手の旋律を完全に等価に扱うため、音型が入れ替わるたびに音響の変化が明瞭に現れて飽きさせない。
 フーガも前奏曲と同様に歌を聴かせるが、音量の変化による表情の幅の広さが感じられて少しほっとする。

● スヴィャトスラフ・リヒテル
 前奏曲はポリーニと極めて良く似た演奏。途中で急にくぐもった音色に切り替えるところがあり、その変化が非常に美しい。一度始まると音楽の流れが一切途切れることなく最後まで続く。
 フーガも速めのテンポで一気に弾き通すけれど、主題が現れるたびに強い音色で弾くので単調にはならず、曲の構造がわかりやすい。テンポが速く音色も明るいので一見輝かしい演奏だけれど、歌い口自体は非常に真面目。
[PR]
by voyager2art | 2010-06-19 18:29 | バッハ平均律1巻


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧