輝く美しさ/崔由姫 & ポルーニン & ロイヤルバレエ/シンデレラ

 楽しみにしていた崔由姫(チェ・ユフィ)さんのシンデレラ。4日前の公演で怪我のため秋の精を降板していたので心配していたけれど、大きな怪我ではなかったようで一安心。一体どんな踊りを見せてくれるのかとわくわくしながら幕が開くのを楽しみに待った。


Cinderella

Music: Sergey Prokofiev
Choreography: Frederick Ashton


Cinderella: Yuhui Choe
The Prince: Sergei Polunin
Step sisters: James Wilkie, Thomas Whitehead
Father: Alastair Marriott
The Fairy Godmother: Francesca Filpi

The Fairy Spring: Emma Maguire
The Fairy Summer: Olivia Cowley
The Fairy Autumn: Akane Takada
The Fairy Winter: Claire Calvert
etc.

Conductor: Pavel Sorokin
The Royal Ballet

23rd April 2011 (Sat) 12:00 -



 幕が開くと、あれ、いつもと顔立ちが違って見える。主役だからお化粧は濃い目なのかな。でも彼女らしい、穏やかで優美でチャーミングな雰囲気は変わらない。ただ、この幕は義姉妹が強烈なインパクトを放つので、ちょっとユフィさんは脇役っぽい感じ。僕はユフィさんのファンだから、彼女の更なる飛躍を願って敢えて辛口で評価すると、彼女にはあと一歩、個性の強さを明確に放ってほしいと思った。これはこの幕だけではなくて、あとの幕でも四季の精と一緒に踊るときにも感じたことで、こういうときの彼女は「脇役のリーダー」という雰囲気に落ち着いてしまう気がする。どこか脇役慣れしているという感じがあって物足りない。ユフィさんにはプリンシパルに上がってほしいけど、そうなると彼女が渡り合う相手はヌニェスだったりロホだったりコジョカルだったりと、技術の卓越ばかりでなく、強い個性と演技力の持ち主なのだから、ここはあと一皮むけてほしいところ。
 それからもう一つ、箒のパドドゥ(ソロ?)などの場面でも、動きは本当にきれいだし冴えているんだけど、物語を「語る」という部分であと一歩が欲しいなと思った。たとえば先日観たベンジャミンのマノンでは、マノンがなにをどう感じていて何を言おうとしているのかが、本当に手に取るように伝わってきた。コジョカルのジゼルやシンデレラでも、心理の表現が見事で明確に物語が語られている。
 こういうのは実際に主役をやらないとなかなか身に付かない表現力なのだろうし、だからこそモニカ・メイスンも彼女をこうやって主役に起用しているのに違いない。このチャンスを活かして、プリンシパルの座を早くつかみ取ってほしい。

 とは言え!!
 随分と偉そうなことを書いてしまったけれど、彼女の品があって美しい踊りは本当に素晴らしかった。彼女の持ち味は今日の舞台の随所に現れていて、例えば第3幕の舞踏会のシーンでは美しい衣装を身に纏い、溢れんばかりの輝かしい美しさで登場する。この容姿と雰囲気の美しさはまさに彼女ならではで、こういう場面の存在感のある美しさでは彼女は他の誰にも引けを取らないし、だから3幕の舞踏会や4幕の最後なんかもとてもきれいで大満足。特に4幕は本当に良かった。ファンのひいき目を抜きにしても、ここは会場に来たお客さんを完全に満足させるだけの、本当に素晴らしい踊りだったと思う。


 あとは、僕自身の今日の発見として、本当に遅ればせながらようやくポルーニンの良さが分かってきた。何を今更と言われるかもしれないけど、高いジャンプと安定した下半身で、土台のしっかりした力強さ。もっと華やかな踊りを見せる人は他にいるけれど、彼は彼で独自の持ち味があるということがやっと分かってきた。色々と分かったようなことを書いているけど、すみません、僕の理解度なんてこんなものです。

 四季の精では相変わらずの冴えを見せるエンマ・マグワイアと高田茜さん。今日の四季の精は4人ともFirst Artistだけど、この二人は動きの冴えと表現力であとの二人を完全に引き離していた。高田茜さんは来シーズンのくるみ割り人形と眠りの森の美女で主役に大抜擢されたのできっとFirst Soloistに昇進するのではないかと思うけど、マグワイアも思い切りのいい切れのある踊りを武器に、きっとすぐに上がってくるだろうと思う。
 妖精のゴッドマザーは、今日はラウラ・モレラではなくてフランチェスカ・フィルピ。モレラよりも軽やかで、でも存在感と美しさはちゃんとあるいい踊りだった。この人もFirst Artistで、こうみるとロイヤルバレエって層が厚いなあ。


 今日、僕の隣の席には「バレエを見続けて30年」という感じのおじさんが座っていた。休憩時間に話をしていて、「お前はバレエを見始めて何年くらいだ?」と訊いてくるので2年くらいかなあと答えると、「じゃあいいダンサーを見逃してるんだな」なんてことを言う。でも本当にバレエが好きというのが伝わってくるとてもいい人で、色々と話を聞かせてくれながら、ユフィさんのことも色々と訊いてくる。僕はそれほど彼女のことを知っている訳ではないけど、彼女が韓国籍で日本で生まれ育ったことや、ローザンヌのコンクールで賞を取ってからロイヤルバレエに入ったことなどを話した。その彼も、終演後には「彼女はプリンシパルになるよ」と褒めていた。本当に、僕もそうなってほしいなあ。

a0169844_7411845.jpg

 左端がエンマ・マグワイアで、右端が高田茜さん。
a0169844_7414579.jpg


 妖精のゴッドマザーのフィルピ。
a0169844_7421187.jpg


 ポルーニンとユフィさん。
a0169844_7423572.jpg


a0169844_7425748.jpg

[PR]
by voyager2art | 2011-04-24 07:46 | バレエ


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧