集大成/マゼール & フィルハーモニア管/マーラー8番

 どうしようもなく時間がないので、情けないけどほとんど記録だけ。

Maazel: Mahler Cycle 2011

Mahler: Symphony No.8

Lorin Maazel (Conductor)

Sally Matthews (Soprano)
Ailish Tynan (Soprano)
Sarah Tynan (Soprano)
Sarah Connolly (Mezzo-soprano)
Anne-Marie Owens (Mezzo-soprano)
Stefan Vinke (Tenor)
Mark Stone (Baritone)
Stephen Gadd (Baritone)

Philharmonia Voices
BBC Symphony Chorus
Philharmonia Chorus
The Choirs of Eton College

Philharmonia Orchestra


9th October, 2011 (Sun) 19:30 -
Royal Festival Hall, Southbank Centre, London


 マゼールがフィルハーモニア管と演奏してきたマーラー・サイクルの最終日。大曲の8番。このシリーズは色々と聴きにいきたかったけれど、他の音楽会と重なったり、出張が入ったりであまりたくさんは行けなかった。でも、老いたマゼールの独特の境地が、いままで聴いたことのないマーラーを開拓してたのも事実で、名演ぞろいとは言えないかも知れないけれど、非常に興味深い企画だったことは間違いない。
 最後を飾る8番は、もうステージとクワイア席にオーケストラと合唱団が溢れかえるような状態で始まった。

 パイプオルガンの圧倒的な導入に続いて入ってきた合唱は、その人数が多いだけでなくて声の圧力と輝きが素晴らしく、いきなり強烈で壮大な音楽で会場を満たし切る。その後もオーケストラと合唱の気合いがビンビン伝わってくるような熱い演奏が続いて、ようやくそれが静まると、今度は独唱陣の出番。ここでマゼールは先日の9番のようにぐっとテンポを落として、やっぱりきたかという感じ。これだけのテンポだと歌う方は本当に苦しいだろうと思うのだけれど、それを感じさせず、間延びもせずに歌い切る歌手たちが素晴らしい。その後もオーケストラ、ソリスト、合唱の全てが強い緊張感を保ったまま熱い演奏を繰り広げ、素晴らしい第一部を作り上げていた。

 続く第二部。ヴァイオリンの心に突き刺さってくるような素晴らしく印象的な音色のスフォルツァンドに始まり、深い内省と神秘の音楽がじっくりと歌い込まれる。途中の高揚もぐっと内省的で、まるで宇宙の遠くの星が燃え続けているのを眺めるような、浮世のしがらみとは全く無縁の、純粋で力強い気高さを感じさせるものだった。合唱が音節を区切りつつ、つぶやくように歌う部分でも、最小限で入ってくるオーケストラが見事な緊張感を保って、音楽の深くて長い流れを途切れさせることがない。そのまま延々1時間。個性豊かなソリスト陣も、女声・男声のそれぞれに中心となる歌手がいて、特にテノールのヴィンケのソロが素晴らしかった。そのまま最後まで全く飽きることなく、その神秘に深く取り込まれたまま、最後は圧倒的なクライマックスに飲み込まれた。本当に感動的な、素晴らしい演奏だった。

 ちなみに、第二部の後半でコントラバス奏者の一人が気を失って突然倒れ、周囲の奏者に舞台袖へ運ばれていった。マゼールは冷静に指揮を続けて、会場には動揺が走りつつも演奏はそのまま続いたけれど、あの奏者は無事だったのだろうか。不謹慎なことを言うようだけれど、このハプニングの後、舞台上の全員に「俺たちがしっかり演奏を続けなければ」という緊張感が加わった気がした。そして、演奏もこれで更に感動を増していたように思う。会場の誰もがそう感じていたのではないだろうか。

a0169844_6525098.jpg

a0169844_6532861.jpg

[PR]
by voyager2art | 2011-10-10 06:57 | オーケストラ


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧