カテゴリ:その他( 23 )

ブログを一ヶ月お休みします。

 最近ずっと更新できずにいるこのブログですが、いろいろ考えた末に、1ヶ月ほどお休みすることにしました。仕事がピークシーズンで忙しいというのも理由の一つですが、それと同時に、しっかり消化・吸収しなければならない重要なインプットが最近たくさんあって(ご飯の食べ過ぎとかいう話ではありませんよ)、それが以前からずっとやりたいと考えていたことと直結しているので、限られた時間を少しの間そちらに集中したいというのが一番の理由です。

 こんなにマニアックなブログでも読んでくれる方が少しずつ増えていて、それは僕にとっては本当に嬉しく、とても励みになっているのですが、中途半端な状態でつまらない記事を書いてしまうのも申し訳ないので、少し早い夏休みを頂きます。
 またプロムスの時期になったら記事を書き始めるつもりですので、そのときにはまた宜しくお願い致します。


voyager2art
[PR]
by voyager2art | 2011-06-22 05:47 | その他

東日本大震災で被災された赤ちゃんとお母様達のための支援コンサート

先日来このブログでもご紹介している、ロンドン在住のピアニスト松本さやかさんのモスリンスクエアプロジェクトですが、彼女が他の音楽家の方々とともに、ロンドンでチャリティー公演を行うそうです。
詳細は松本さやかさんのブログか、下記の案内情報をご参照下さい。


ーーーーーーーーーーー

 Appeal Concert in aid of New Born Babies and Mothers
(東日本大震災で被災された赤ちゃんとお母様達のための支援コンサート)

日時:2011.6.10(金)/ 開場18:00 (オニギリなどのcash bar有り) 開演19:00
会場:Pioneer Hall, 48 Bryanston Square, W1H 2EA London
(Wetherby Preparatory School)(Marble Arch駅から徒歩6分。地図はこちら
主催:Marylebone Champagne Society

出演者: 登川直穂子(Soprano)、 山本耕平(Tenor)、米田真紀(Piano)、松本さやか(Piano solo)

全席自由:無料(当日、会場にてモスリンスクエアプロジェクトの為の寄付金を募ります)。

曲目:オペラ・蝶々夫人(ハイライト)、滝廉太郎「荒城の月」、高田三郎「くちなし」、ラフマニノフ「プレリュード」、ほか

(私自身は以下の7曲を演奏予定です)
ラフマニノフ作曲:「ライラック」「デイジーズ」
ラフマニノフ作曲: プレリュード  Op.23-4,5,6 Op.32-12
松本さやか作曲:「夕桜」


※このコンサートは、東日本大震災で被災された赤ちゃんやお母様の支援の為のチャリティコンサートです。当日会場で寄付された募金は、ロンドンから被災地へイギリスの子育て万能布を送る「モスリンスクエアプロジェクト」に寄付されます。

※寄付先の「モスリンスクエアプロジェクト」の詳細はこちらです。
モスリンスクエアプロジェクト公式ホームページ http://muslinjapan.com

※コンサートの詳細チラシは添付ファイルをご参照下さい。

※入場無料ですが座席数が限られている為、基本的に予約制となっております。
私の方でも予約を承っていますので、お手数ですが以下のE-mailアドレスからメールにてご予約頂ければ幸いです。
予約:info@borderlessmusic.com(松本)

ーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by voyager2art | 2011-05-30 19:57 | その他

モスリンスクエアプロジェクト(続報)

 以前このブログでご紹介したモスリンスクエアプロジェクトですが、実際に被災地に届けられたモスリンスクエアを使った方々から、大変ポジティブな感想が届いているそうです(→プロジェクトの公式サイトをご参照下さい)。僕自身はこの場でプロジェクトを紹介しているだけの身ではありますが、このプロジェクトにご賛同下さった皆様に僕からも心よりお礼を申し上げます。


 なお、実際にモスリンスクエアを使ってみて、もっと送ってほしいというリクエストを送ってきている被災地もあるとのことです。もしご興味のある方、ご賛同下さる方がいらっしゃれば、まだ募金は継続中ですので、ご協力頂ければ幸いです。


 以下は、以前このブログでモスリンスクエアプロジェクトをご紹介した際の記事です。


* * * * * * * * * *

 ロンドン在住のピアニストの松本さやかさんという方が、今回の地震で被災した乳幼児のお母さんたちを支援するために、モスリンスクエアプロジェクトという企画を立ち上げ、モスリンスクエア(子育て用の布)を被災地に送るという活動を行っていらっしゃいます。
 プロジェクトの内容や、募金の方法などの詳細はこちら。
http://sayalondon.exblog.jp/14539158/

 活動の内容自体もさることながら、本当に支援を必要としている方々に品物が届くよう細かな配慮もしていらっしゃって、大変感銘を受けました。僕も何がしかの支援をしたいと思い、このブログで紹介させて頂くこととしました。

 被災地では乳幼児のいるお母さんたちが大変な苦労をされているとのことで、このプロジェクトで一人でも多くのお母さん、お子さんが安心を得られるお手伝いをできればと思います。このプロジェクトにご興味のある方、ご賛同頂ける方は、彼女のブログ(大変豊かで充実したブログです)を訪問してみて下さい。このプロジェクトにかける、松本さやかさんの素晴らしい行動力と熱意がご理解頂けると思います。
 一人でも多くの方にご賛同頂ければ幸いです。
[PR]
by voyager2art | 2011-05-20 06:56 | その他

夏の足音

 ロンドンの夏の風物詩、と言っても人によって思い浮かべるものは色々あると思うし、そもそもイギリスに夏は存在するのかという疑問は大いにあるけれど、何はともあれクラシック音楽好きにとってはやっぱりプロムス。今日からチケットが発売になった。
 僕は2008年にロンドンに移り住んだので、今年で4回目。今までは毎年ベルリンフィルかウィーンフィルが来ていて、その他にも結構いろいろ面白い演奏会が多かったので期待していたのに、今年は小粒でベルリンフィルもウィーンフィルも来ない。リストを見てすぐに売り切れると思ったのは、ドゥダメル指揮のシモン・ボリヴァルユース管くらいで、あとは当日券でも大丈夫だろうなという演目がほとんど。

 そんな状況なので直前までほったらかしで、昨夜になってようやく演目を選び始めた。プロムスのチケット申し込みは方法が少し変わっていて、事前に行きたい演目と価格帯を選んでウェブサイト上のリストに登録しておき、発売開始になったら登録しておいた演目を一括で予約するシステムになっている。希望の価格帯が売り切れの場合は、個別の演目ごとに選び直せる。ボタン一発で複数の演目を一気に予約できるので便利だし、恐らくウェブサイト側の混雑解消にも有効な方法に違いない。

 ただしこの方法で予約するときは、座席を自分で選べない。ロンドンでは普通、どの会場でもウェブサイト上で空席を確認して自分の好きな席を選ぶことができる。この点は日本が大いに見習うべきところだと思うけど、このプロムスの一括予約では価格帯を選んで、あとは空席の中で自動的に一番いい席が割り振られるのに任せるしかない。

 でも、チケットを予約するときの一番の問題点は、何といってもウェブサイトへのアクセス。同時にアクセスが一気に集中するのでなかなかログインできない。
 この点でもイギリスのサイトが面白いと思うのが、オンラインの「待合室」があること。ただいまの待ち人数は○○人です、という表示が出て、定期的にそれが更新されて待ち人数が減るのを眺めながら、ログインの順番が来るのを待つ。でも、アクセスが多いとこの待ち人数が何千人にもなったり、ひどいときには待合室にすら入れない。

 実は去年のチケットを取るときは、うっかり出遅れて4000人待ちなんていう表示が出て愕然とした。今年はそのリベンジ!と思って気合を入れていたら、なんとあっさり待合室に入れて行列はたったの220人。あらら、と拍子抜けしながら、取ろうと思っていた演目をすべて、希望の最安席で買えてしまった。今までずっと聴く機会を逃していたドゥダメルとシモン・ボリヴァルユースのチケットも取れて一安心。
 こうやってチケットを取ると、大した演目がないなんて言っていたのも忘れてやっぱり楽しみになってくる。今年のプロムスも、面白い演奏が聴けるといいなあ。
[PR]
by voyager2art | 2011-05-07 23:20 | その他

モスリンスクエアプロジェクト

 ロンドン在住のピアニストの松本さやかさんという方が、今回の地震で被災した乳幼児のお母さんたちを支援するために、モスリンスクエアプロジェクトという企画を立ち上げ、モスリンスクエア(子育て用の布)を被災地に送るという活動を行っていらっしゃいます。
 プロジェクトの内容や、募金の方法などの詳細はこちら。
http://sayalondon.exblog.jp/14539158/

 活動の内容自体もさることながら、本当に支援を必要としている方々に品物が届くよう細かな配慮もしていらっしゃって、大変感銘を受けました。僕も何がしかの支援をしたいと思い、このブログで紹介させて頂くこととしました。

 被災地では乳幼児のいるお母さんたちが大変な苦労をされているとのことで、このプロジェクトで一人でも多くのお母さん、お子さんが安心を得られるお手伝いをできればと思います。このプロジェクトにご興味のある方、ご賛同頂ける方は、彼女のブログ(大変豊かで充実したブログです)を訪問してみて下さい。このプロジェクトにかける、松本さやかさんの素晴らしい行動力と熱意がご理解頂けると思います。
 一人でも多くの方にご賛同頂ければ幸いです。
[PR]
by voyager2art | 2011-04-12 07:33 | その他

地震

バンコクに到着して最初に見たニュースが今回の地震でした。凄まじい揺れや津波や火災の映像を見ると心が痛みます。犠牲者の方々のご冥福を祈るとともに、被災した方々が一日も早く元の環境に戻れることを心よりお祈りしています。
[PR]
by voyager2art | 2011-03-12 18:01 | その他

今後の予定

 気がつくと3月。ロンドンの日もかなり長くなってきました。忙しかった仕事の区切りがついたのが2月の10日で、もうその日から演奏会ラッシュが始まり、数えてみると通った公演は17日間で13回。この間は本当に必死で、あっという間に日が経っていきました。以前にも書きましたが、このスケジュールで僕は自分の限界を試そうとしていて、実際に先日のロンドンフィルの演奏会で(情けない形で)自分の限界もよく分かりました。
 今週の後半から来週の頭にかけてまた少し演奏会に通いますが、その後はしばらく予定を入れていません。

 ちょっと最近音楽会が続き過ぎで息が詰まるような感じもあって、気分転換が必要だなと思っています。もちろん音楽はとても好きだし、好きだからあれだけ無茶なスケジュールも意図的に組んだし、それによって得られたものには満足しているのですが、僕はそれだけで満足できる性格でもありません。また、仕事の方でも4月から別の業務を担当することになり、今までのように演奏会に通いにくくなるという事情もあります。
 そういったことを考えていると、今が目先を変えるいいタイミングなんだろうなと思います。

 僕が大の音楽好きなのは、このブログを読んで下さっている皆様にはもう明らかだと思いますが、その他にも旅行と写真という別の大きな趣味があります。特に写真というのは僕にとっては比較的新しい趣味で、もっと深く探求したいと思っています。音楽会に通う頻度を下げるかわりに、今後はこのブログに自分の撮った写真を少しずつ載せていこうかと考えています。また、旅に出たら出たで、少し突っ込んだ旅行記のようなものも書きたいと思っています。
 ブログを分けることも考えましたが、僕は複数のブログを並行して要領よく維持できるような器用な人間でもないので、このままこのブログでいきます。拙い写真や旅行記を見せられることになる皆様には大変申し訳ないのですが、考えてみれば今だって拙いレビューを読んで頂いているので、実質はそれほど変わるものではないと厚かましく判断することにしました。

 もちろん今後も、普通の感覚から言えばかなりの頻度で音楽会には通いますし、その都度レビューも書きますが、同時にちょっとずつ内容の幅を広げていこうと思います。今後も引き続き皆様から色々なご意見を頂きながら、このブログで芸術についての探求の旅を続けていければいいなと思います。

 ということで、(偶然ですが)記念すべき100本目の記事でのご挨拶でした。今後とも宜しくお願い致します。
[PR]
by voyager2art | 2011-03-02 07:04 | その他

ベルリンフィルのYoutube動画

 ベルリンフィルは最近、デジタルコンサートホールと銘打って演奏会の動画を有料でネット配信している。この演奏会の動画から3分ほど抜き出したものが、宣伝用としてFacebookによく投稿されるんだけど、今日投稿されたシベリウスの7番の演奏にしびれた。信じられないくらい美しい! 何たる音色、何たる音楽!!



 ラトルとベルリンフィルの相性は本当に良いのだろう。あと2週間ほどでベルリンフィルのロンドン公演も始まる。今から楽しみで仕方がない。
[PR]
by voyager2art | 2011-02-08 07:08 | その他

降っても土砂降り/ロンドン演奏会事情

 僕は絶対にこのブログに仕事中のことは書かないと心に決めていたけれど、今日はその禁を破ります。

 今日の仕事中に、ポケットの中の携帯からメール受信音が聞こえてきた。ちらっと見ると、いつもコンサートを聴きに行くSouthbank Centreから。その後、夕方になってBarbican Centreからもメールが来た。どちらも、2011/2012のシーズンの案内。定時後になってメールの内容を確認して腰を抜かした。以下、その抜粋

2/Oct/2011 ブーレーズ指揮 アンサンブル・アンテルコンテンポラン
10&11/Oct/2011 アバド指揮 ルツェルン祝祭管弦楽団
4/Mar/2012 フィッシャー指揮 ブダペスト祝祭管弦楽団
16, 17&20/April/2012 バレンボイム指揮 ベルリン・シュターツカペレ (ブルックナーの7, 8 & 9番!)
23&26/Jun/2012 デュダメル指揮 シモン・ボリヴァル管

(以上Southbank Centre)

25&26/Oct/2011, 1&2/Nov/2011 シャイー指揮 ゲヴァントハウス管(ベートーヴェン交響曲サイクル)
16,17&18/Feb/2012 ギルバート指揮 ニューヨークフィル
24/Mar/2012 テミルカーノフ指揮 サンクトペテルブルクフィル&アルゲリッチ
3/Apr/2012 ゲルギエフ指揮 マリインスキー劇場(パルジファル)
22/Apr/2012 アーノンクール指揮 コンセルトヘボウ管
12/May/2012 ヤンソンス指揮 コンセルトヘボウ管
20/May/2012 ハイティンク指揮 コンセルトヘボウ管
17/Jun/2012 ラトル指揮 ウィーンフィル

(以上Barbican Centre)

 他にもキーシンやらクロノス・カルテットやらも来るらしく、もう「いったい何が起こったの?」という状況。普段から魅力的なコンサートの多いロンドンで、更にこんなスケジュールを組むんですか? 僕にとってはほとんど破産宣告に近い。職場でうろたえる僕。


To buy, or not to buy: that is NOT the question.


 問題は、買うかどうかではなく、どれだけ我慢できるかでしかない(メンバーシップがなくても買えるバービカンのチケットは、既にだいぶ押さえた)。でもブーレーズとアバドは聴きたいなあ。
 あ、そういえば明日からロイヤルオペラの一般販売も開始だった・・・
[PR]
by voyager2art | 2011-02-01 06:34 | その他

今年もよろしくお願いします。

 大変遅ればせながら、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

 3日夜にロンドンに戻ってきて、また普通の生活が始まってしまいました。旅行は旅行で目一杯遊ぶ性格なので、なかなか頭が普段の状態に戻りません。
 ちなみに戻らないのは頭だけではなく、時差ボケも長引きました。実は2日前にロンドン交響楽団の演奏会に行ったのですが、休みボケと時差ボケでず〜っと寝ていました。もう、どうしても起きていられないという状態で、レビューどころではないので記事は無し。

 余りにも情けないスタートではありますが、少しずつエンジンをかけていくつもりですので、今年もよろしくお願いします。
[PR]
by voyager2art | 2011-01-09 06:56 | その他


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧