<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

超期待!の若手/ブニアティシヴィリ&カラビッツ/BBC交響楽団

 しばらくご無沙汰でした。久し振りのBBCシンフォニー、プログラムが素晴らしくて、シベリウスの4番にプロコフィエフのピアノ協奏曲1番、そしてメインがペトルーシュカ。どれも大好きな曲ばかりで、しかも最初の二つは演奏頻度が極めて低い。シベリウスもプロコフィエフも、実演で聴くのは初めてだった。しかもピアノのソロを弾くのが話題の美人ピアニストとくれば聴きに行かないわけにはいかない!

Sibelius: Symphony No.4
(Interval)
Prokofiev: Piano Concerto No.1
Stravinsky: Petrushka (ver. 1947)

Khatia Buniatishvili (Piano)
Kirill Karabits (Conductor)
BBC Symphony Orchestra

24th February, 2012 (Fri), 19:30 -
Barbican Centre, London


 指揮者のカラビッツは演奏どころか名前も聞いたことがなかった。舞台に現れた彼は、ロンドンのハイストリートにある若者向けの靴屋の店員、といった風貌で、今ふうの小洒落た雰囲気。でも演奏は正真正銘の正統派で、すばらしいものだった。
 シベリウスのシンフォニーは録音では何度も何度も聴いた、僕にとっては指折りのお気に入りの音楽。しかしこの曲、もともと派手ではないシベリウスの音楽の中でも際立って地味なもので、今までコンサートに掛けられるのを一度も聞いたことがない。シベリウスの6番も極めて通好みな曲だけれど、それでも今までに実演で二度聴いた。4番はタピオラと並んで豊かで深い抒情を湛えているにもかかわらず、不遇と言っていいほど演奏機会が少ないと僕は思う。
 その4番、冒頭の低弦とファゴットの太く力強い序奏と、深く長い呼吸で歌うチェロの印象的なソロで始まった。何といっても実演で聴くのが初めてなので、この冒頭がこんなに底光りするほどの深い艶を持っていることに驚いた。そして響きが美しいだけではなく、美しい音と響きが描き出す情景の豊かなこと。これまで北欧の冬の果てしない薄闇の音楽だと思っていたこの曲が、北国の暗さを基調としつつも多彩な四季を描いた音楽として、鮮やかに多層的に広がっていく。曇りがちで寒くはあっても、その向こうに微かに光の気配が感じられる初春。爽涼な大気に清澄な光が瑞々しく踊り、生命が一斉に芽吹いて多様な色彩を満ち渡らせる夏。秋は収穫の豊穣の象徴ではなく、むしろ冬の暗黒の到来を告げる不吉な使者として描かれる。冬の雪は、そこに住む人間の期待や都合などお構いなしに、自分たち自身の秩序、自然を律する物理と気象の法則に従って無心に勝手気ままに大気中を舞い、大地を覆い尽くす。長い年月にわたって厳しい自然環境と折り合いをつけて生きてきた人々の知恵と達観が、人の世界の外の広大な情景を、感傷を交えずに、しかし愛情を込めて描く。そこに広がる豊かな世界を表現するオーケストラも素晴らしく、ともすれば冗漫になりがちなこの曲を、驚異的に粘り強く息の長い歌で途切れることなく紡ぎ続ける。指揮者への信頼と音楽への共感が深く感じられて、本当に素晴らしい演奏だった。


 休憩を挟んで今度はプロコフィエフ。ステージに現れたブニアティシヴィリは、写真で見るよりもずっと濃厚に妖艶な雰囲気の美人。ピアニストというよりもジャズのヴォーカルといった、ただならぬ色っぽさを漂わせていた。ただし演奏のほうは少しムラがあって、上出来とは言えなかったように思う。この曲は若い日のプロコフィエフの瑞々しい音楽に満ちたチャーミングな作品だけれど、ピアノの演奏にはその曲ほどの溌剌とした感興が乗っていなかったのではないか。これが彼女のイマジネーションの問題なのか、今日のコンディションがたまたま悪かったのか、彼女の演奏を初めて聴く僕にはよく分からない。音楽が歌うほどには演奏が歌い切っておらず、しかも頻繁なテンポ操作が、音楽の表情を多彩にするというよりも演奏の恣意性を強調する結果に終わってしまっていて、どうもちぐはぐな印象が拭えない。技術的にも乱れが多く、手の小さい(1オクターブがやっとという感じだった)彼女にはプロコフィエフはうってつけの作曲家とは言えないかもしれない。
 しかし、これらの欠点にもかかわらず、彼女の音楽には何とも言えない艶があった。要所での仕掛けや、ここ一番のクライマックスは満足のいく演奏ではなかったものの、何ということのない経過句で時折はっとするような輝きを見せる。ピアノの響かせ方が高音と低音を艶やかに際立たせていて、彼女自身のエキゾチックな美貌によく似た、深く魅力的な煌めきがあった。彼女の音楽には聴き手を惹き付ける何かがある。
 この演奏でもう一つ特筆すべきは、指揮者のカラビッツの細心のサポート。常にピアノを注意深く聴き続け、ほとんど即興的に聴こえるブニアティシヴィリのテンポの変化に即座に的確に反応する。彼の敏感で正確な棒があったからこそオーケストラも(崩れそうになりながらも)何とかついていけたのは明白で、ここでの彼の指揮は本当に立派なものだった。

 アンコールは同じプロコフィエフのピアノソナタ7番(戦争ソナタの一曲)の終楽章。彼女は猛烈な勢いでこれを弾いた。ポリーニの録音の、重戦車が驀進するような圧力ともまた違うけれど、何かに憑かれたかのような圧巻のピアノで、これは掛け値なしに素晴らしかった。変拍子をものともせずに凄まじいテンポで突き進み、しかもその合間で、絶え間なく多彩に音量と音響を変化させていく。その一つ一つが完璧に効果的に決まって、本当にさっきの協奏曲と同じ人が弾いているのかと思うほど、曲と演奏者自身が一体化していた。最後のフォルティシモの、ただ大きいだけでなくて空間の広さも感じさせる響きは殊に印象的で、プロコフィエフのピアノ書法と、ブニアティシヴィリの魅惑に満ちた音楽を一度に堪能できる名演だった。
 僕は、このアンコールの演奏に心から感嘆すると同時に、ピアニストとしての彼女に一抹の危うさのようなものも感じた。曲と上手く噛み合ったときの演奏と、噛み合なかったときの演奏のギャップに、彼女と音楽の関係がどこか自然でないような印象を、ほんの微かにではあるけれど感じたからだ。もちろん彼女の演奏を聴くのは初めてだし、気のせいかもしれない。


 最後はメインのペトルーシュカ。最初はとにかくオーケストラがよく鳴って、BBCシンフォニーはもちろんとても上手いオーケストラではあるのだけれど、それでもこんなに鳴る楽団だったかと驚くほど。しかも単に音が大きいだけではなく、ストラヴィンスキーらしく色彩の無限の鮮やかさがあり、さらに表情にも芯の通った太い豊かさがある。最初こそ作品を覆うお祭り騒ぎ的な陽気さがあったけれど、音楽が進むにつれて、その下からざらざらと不快で苦い、皮肉な残酷が姿を現し始める。この曲は今まで何度も実演で聴いたことがあるけれど、表現の幅の広さと表情付けの陰翳の際立ったコントラストの点で、今日の演奏は間違いなく一番だった。相調和することのない音楽要素を平気でぶつけ続け、そこからいたたまれないほどの居心地の悪さを作り出す作曲技法の革新。急に躁に転換したと思うと、その後に失望の谷底へ突き落とす転換の鮮やかさ。そういった要素を余すところなく音にした今日の演奏は見事の一言。そして情景と登場人物の心理が克明に描かれれば描かれるほど、この作品が音楽だけで上演されているのがもどかしくなってくる。僕はこの作品をバレエの舞台でまだ観たことがない。でも、今日の演奏を聴けばこれがバレエ音楽として極上と言ってもいいほどの水準を持っていることがよく分かる。
 オーケストラからこれだけの演奏を引き出すカラビッツの指揮も素晴らしいの一言に尽きる。棒の振り方自体は派手でもなんでもなく、クライマックスで大きく振りかぶる以外は丁寧に拍子を取っているだけのように見えるのに、これだけの音をオーケストラに出させるというのはただ者ではない。彼の頭の中に明瞭なイメージがあり、それをリハーサルで伝える能力に長けているということなのだろうか。まだ若い指揮者だけれど、演奏会全体を通してこれだけ高水準の演奏をするのだから、まぐれ当たりということは考えられない。しかも演奏スタイルは堂々たる正統派。舌を巻いた。


 これだけ聴けばお腹いっぱい。これほど充実した演奏会はなかなかあるものではない。カラビッツという指揮者を知ることができたのも大きな収穫。彼の情報は今後注意して追いかけることにしよう。
[PR]
by voyager2art | 2012-02-26 02:18 | オーケストラ

寄り道香港

 日本からの帰りにまた寄り道。今度は香港。泊まりではなく半日だけの滞在だったので、足マッサージに行き、香港在住の知り合いに美味しい海鮮レストランに連れて行ってもらってから夜景の写真を撮ったくらい。香港は人が多すぎるのと、雰囲気が日本に似過ぎているので、僕にとっては実はこれくらいがちょうどいい滞在時間。
a0169844_763989.jpg

a0169844_77558.jpg

 この小さなアワビだけでなく、スープを吸った春雨も最高。
a0169844_774878.jpg

 いやー、堪能しました。

 このあと、九龍半島の南端・尖沙咀(チムシャツォイ)のフェリーターミナル脇へ夜景を見に行った。ここに来るのは5年ぶりくらいのような気がする。雰囲気も景色も変わっていないけど、今では立派な一眼レフを三脚に据えて写真を撮っている人がいっぱいいて、これは昔と随分違っていた。
a0169844_783629.jpg

a0169844_7101940.jpg

a0169844_794778.jpg

a0169844_711377.jpg


 ここから引き上げるときにふと大きなポスターが目に入った。ピアニストのアムランのリサイタルがあるらしい。演奏者・作曲家の名前や曲名の中国語表記が面白い。香港ではバレエ公演のポスターも多く、なかなか文化公演が充実しているという印象を受けた。
a0169844_7114922.jpg

a0169844_7121895.jpg

[PR]
by voyager2art | 2012-02-14 07:13 | 旅行記

京都

 久しぶりに京都へ行った。いくつも行きたいところはあったけれど、何となく気分で銀閣へ足を向けた。僕は以前このあたりに住んでいたことがあって、久しぶりに京都の街を歩くのは懐かしかった。京都を離れてからもう随分になるので、かつてあった店がなくなっていたり、新しい店ができたりと、京都の街も少しずつ変わっている。一方で僕の記憶は着実に風化が進み、自分でも驚くほど、実際の街並と自分の記憶が細部で食い違う。それでもやはり京都は京都、伝統の重みは決して廃れない。街の雰囲気は、間違いなく僕が知っていた京都のそれだった。
a0169844_4255077.jpg

 かつて日常的に通っていた道をとおって、銀閣に向かった。
a0169844_4273336.jpg

a0169844_4281432.jpg

 薄日のやわらかく射す中に佇む銀閣は、何度見ても「わびさび」の典型のように渋い。こればかりは日本じゃないと見られないな。こういう文化を承ける京都という街の懐の深さが僕は好きだ。
a0169844_4285234.jpg

a0169844_4291748.jpg

 なぜか僕は昔から苔が好き。
a0169844_4294111.jpg


a0169844_4301770.jpg


 このあとは哲学の道を南へ下って南禅寺に向かった。
a0169844_4305999.jpg

a0169844_4313345.jpg

a0169844_432377.jpg

a0169844_4324122.jpg

a0169844_4331761.jpg

 南禅寺は水道橋で有名。一番きれいな庭で写真が撮れないのが残念。でも静かなお寺の雰囲気はやっぱりいい。
a0169844_4351047.jpg

a0169844_436826.jpg

a0169844_436369.jpg

 ここから三条河原町まで移動して、寺町通の商店街を四条に向かってぶらぶら歩く。浮世絵や古い本を売っている店があった。筆で書いた文字の柔らかさが美しく、思わず一冊買いそうになった。でも値札を見ると一冊2万5千円。さすがに思い留まった。
a0169844_4374746.jpg

 このあとは錦天満宮で初詣。おみくじが大吉でちょっとご機嫌。
a0169844_4383344.jpg

a0169844_4394237.jpg

a0169844_441587.jpg


 最後は錦市場を歩く。ここは活気があって大好きな場所。ここを歩くとお漬け物やお茶をいくらでも買ってしまいそうになるけれど、既に色々と買い込んでいたのでぐっとこらえる。
a0169844_446584.jpg

a0169844_448311.jpg

a0169844_4502487.jpg

 歩き疲れたところでお菓子屋さんに入り、お茶とお菓子を頂いた。京都には、ここに行きたいと思える美しい場所や活気のある市場があるのがいい。のんびりとした京都の一日を楽しんだ。
a0169844_4505187.jpg

[PR]
by voyager2art | 2012-02-13 04:54 | 旅行記

マカオ 狂躁と静穏

 久しぶりに日本に帰国中。その日本への途上でマカオに立ち寄った。マカオは僕の好きな街の一つ。マカオの顔は何といってもカジノで、カジノ目当ての観光客(大半は中国本土から来る中国人)で昼も夜もごった返す。マカオのカジノ産業の売上は数年前にラスベガスのそれを抜いたと話題になったけれど、その後もすごい勢いで繁栄を続け、今では実にラスベガスの5倍に上るという。その一方で、マカオではポルトガル統治時代の建築遺物が世界遺産に登録されてもいて、それがまた多くの観光客を集める要因になっている。

 そんな華やかなマカオだけれど、賑わっているエリアから一歩外に踏み出すと、急に落ち着いた古い中国の佇まいを見せる。僕はかつてバックパッカーだったときに、この躁と静のコントラストと、特に古い街の雰囲気の虜になってしまい、細い裏道を何日も、それこそ朝から晩まで何かに憑かれたかのように歩き回り、とうとう足にマメができて一歩も歩けなくなってしまったことがある。「深夜特急」では香港が沢木青年にとって熱狂と興奮の場だったけれど、僕にとってはマカオがまさしくそうだった。
 マカオへは香港からフェリーで一時間。今回の帰国では香港経由便を選び、香港で二泊のストップオーバーを入れた。でも香港の空港に着くと、香港市内は通過しただけで、真っすぐフェリーターミナルに向かった。

 マカオの中心部は数々のホテルと併設のカジノが立ち並び、その間を貴金属店や高級食材店が埋め尽くす。ところどころに大衆食堂と高級レストランがあって、安っぽい猥雑さと巧まざる人懐っこさを併せ持った、独特の雰囲気を漂わせている。
a0169844_2045253.jpg

a0169844_205816.jpg


 このあたりにはマカオのランドマークタワーであるグランド・リスボアホテルが聳え立ち、辺りを睥睨している。ここから10分ほど大通り沿いを歩き、世界遺産にもなっているセナド広場を突っ切って進むと、もう一つの世界遺産であるセントポール教会跡に至る。火災のため前面の壁を残すのみとなったこの教会跡はマカオの観光客が必ず訪れる場所の一つで、とにかく人が多く、そのほとんどが熱心にカメラを構えている。ここに限らず、一般に中国人観光客の写真熱は大変なもので、どこにいってもポーズを取って自分たちの写真を撮りまくる。
a0169844_2053778.jpg

a0169844_2055041.jpg

a0169844_206724.jpg


 この教会跡のすぐ脇には大航海時代の砲台が残っている。階段を登って砦の上にあがると、そこには大砲が何門も並んでいる。その大砲の先には今日の繁栄を謳歌するグランド・リスボアが立っていて、どこか象徴的。
a0169844_2064710.jpg

a0169844_207661.jpg

 このセントポールの参道沿いに土産物屋が並んでいて、ここに僕のマカオ訪問のお目当ての一つ、エッグタルトがある。
a0169844_2074147.jpg

 街歩き、路地裏探検の楽しいマカオで、歩き疲れて小腹が空くと僕はこのエッグタルトを食べる。甘いカスタード味で、初めてマカオに来たとき以来の大好物。これがなくなるとマカオの楽しさが三割くらい減ると、僕は本気で思っている。


 僕はここから脇道にそれていく。細い道を気の趣くままに、あてもなくひたすらぶらぶらと歩き続ける。落ち着いた生活感漂う空気が視覚から、嗅覚から、そして肌からも染み込んできて、僕の感覚がそれを喜び、馴染んでいくのがわかる。ここには飾り気のない素顔のマカオがある。
a0169844_2081189.jpg

a0169844_2083436.jpg

a0169844_2085696.jpg

a0169844_2091469.jpg

a0169844_2094581.jpg

a0169844_2095826.jpg


 日が沈むとマカオは昼間とはまた違った表情を見せる。ホテルとカジノはギラギラと光を輝かせ、カジノ客は明かりに群がる生き物のように続々と集まって来ては、わいわいと大騒ぎしながら賭けに興じる。
a0169844_20101822.jpg

a0169844_20104222.jpg


 セナド広場には春節(中国正月)の飾りが残り、お祭り気分のほとぼりがまだ引き延ばされていた。
a0169844_2011661.jpg

a0169844_20112852.jpg

a0169844_20114815.jpg


 脇には果物屋台があり、僕はそこからまた、細い路地の迷路にさまよい込んだ。
a0169844_2012922.jpg

a0169844_20123924.jpg


 陽の光がなくなって人工の光だけになると、マカオの古い街並はますますその本来の姿を露(あらわ)にするように僕には感じられる。ここは500年前の昔から、海のシルクロードの東端の拠点として栄えてきた街だ。マカオは自然溢れる村ではなく、根っからの都市なのであり、ここの人々の都市生活は長い年月を経て一つの平衡点に達している。都市は人工物の総合体だから、人工の明かりだけに照らされたときに、その世界は人工の環の中に閉じて完結する。ここには揺るぎなく抜き難い秩序があまねく行き渡っていて、それが一つ一つの路地に染み付いている。この複雑に発達した秩序こそがこの場所の魅力の源泉であり、マカオの古い街並に、きらびやかさとは無縁ながらも、他には得難い穏やかな風情を与えていると僕は思う。一見くすみ、古ぼけてはいても、秩序とは美しいものなのだ。
a0169844_20131053.jpg


 最後はまたセントポールに出た。ほんの二泊の滞在だったけれど、久しぶりに訪れたマカオは以前と変わらぬ表情を悠然とたたえていたのが僕には何よりも嬉しく、楽しかった。
a0169844_201327100.jpg

[PR]
by voyager2art | 2012-02-08 20:15 | 旅行記


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧