マカオ 狂躁と静穏

 久しぶりに日本に帰国中。その日本への途上でマカオに立ち寄った。マカオは僕の好きな街の一つ。マカオの顔は何といってもカジノで、カジノ目当ての観光客(大半は中国本土から来る中国人)で昼も夜もごった返す。マカオのカジノ産業の売上は数年前にラスベガスのそれを抜いたと話題になったけれど、その後もすごい勢いで繁栄を続け、今では実にラスベガスの5倍に上るという。その一方で、マカオではポルトガル統治時代の建築遺物が世界遺産に登録されてもいて、それがまた多くの観光客を集める要因になっている。

 そんな華やかなマカオだけれど、賑わっているエリアから一歩外に踏み出すと、急に落ち着いた古い中国の佇まいを見せる。僕はかつてバックパッカーだったときに、この躁と静のコントラストと、特に古い街の雰囲気の虜になってしまい、細い裏道を何日も、それこそ朝から晩まで何かに憑かれたかのように歩き回り、とうとう足にマメができて一歩も歩けなくなってしまったことがある。「深夜特急」では香港が沢木青年にとって熱狂と興奮の場だったけれど、僕にとってはマカオがまさしくそうだった。
 マカオへは香港からフェリーで一時間。今回の帰国では香港経由便を選び、香港で二泊のストップオーバーを入れた。でも香港の空港に着くと、香港市内は通過しただけで、真っすぐフェリーターミナルに向かった。

 マカオの中心部は数々のホテルと併設のカジノが立ち並び、その間を貴金属店や高級食材店が埋め尽くす。ところどころに大衆食堂と高級レストランがあって、安っぽい猥雑さと巧まざる人懐っこさを併せ持った、独特の雰囲気を漂わせている。
a0169844_2045253.jpg

a0169844_205816.jpg


 このあたりにはマカオのランドマークタワーであるグランド・リスボアホテルが聳え立ち、辺りを睥睨している。ここから10分ほど大通り沿いを歩き、世界遺産にもなっているセナド広場を突っ切って進むと、もう一つの世界遺産であるセントポール教会跡に至る。火災のため前面の壁を残すのみとなったこの教会跡はマカオの観光客が必ず訪れる場所の一つで、とにかく人が多く、そのほとんどが熱心にカメラを構えている。ここに限らず、一般に中国人観光客の写真熱は大変なもので、どこにいってもポーズを取って自分たちの写真を撮りまくる。
a0169844_2053778.jpg

a0169844_2055041.jpg

a0169844_206724.jpg


 この教会跡のすぐ脇には大航海時代の砲台が残っている。階段を登って砦の上にあがると、そこには大砲が何門も並んでいる。その大砲の先には今日の繁栄を謳歌するグランド・リスボアが立っていて、どこか象徴的。
a0169844_2064710.jpg

a0169844_207661.jpg

 このセントポールの参道沿いに土産物屋が並んでいて、ここに僕のマカオ訪問のお目当ての一つ、エッグタルトがある。
a0169844_2074147.jpg

 街歩き、路地裏探検の楽しいマカオで、歩き疲れて小腹が空くと僕はこのエッグタルトを食べる。甘いカスタード味で、初めてマカオに来たとき以来の大好物。これがなくなるとマカオの楽しさが三割くらい減ると、僕は本気で思っている。


 僕はここから脇道にそれていく。細い道を気の趣くままに、あてもなくひたすらぶらぶらと歩き続ける。落ち着いた生活感漂う空気が視覚から、嗅覚から、そして肌からも染み込んできて、僕の感覚がそれを喜び、馴染んでいくのがわかる。ここには飾り気のない素顔のマカオがある。
a0169844_2081189.jpg

a0169844_2083436.jpg

a0169844_2085696.jpg

a0169844_2091469.jpg

a0169844_2094581.jpg

a0169844_2095826.jpg


 日が沈むとマカオは昼間とはまた違った表情を見せる。ホテルとカジノはギラギラと光を輝かせ、カジノ客は明かりに群がる生き物のように続々と集まって来ては、わいわいと大騒ぎしながら賭けに興じる。
a0169844_20101822.jpg

a0169844_20104222.jpg


 セナド広場には春節(中国正月)の飾りが残り、お祭り気分のほとぼりがまだ引き延ばされていた。
a0169844_2011661.jpg

a0169844_20112852.jpg

a0169844_20114815.jpg


 脇には果物屋台があり、僕はそこからまた、細い路地の迷路にさまよい込んだ。
a0169844_2012922.jpg

a0169844_20123924.jpg


 陽の光がなくなって人工の光だけになると、マカオの古い街並はますますその本来の姿を露(あらわ)にするように僕には感じられる。ここは500年前の昔から、海のシルクロードの東端の拠点として栄えてきた街だ。マカオは自然溢れる村ではなく、根っからの都市なのであり、ここの人々の都市生活は長い年月を経て一つの平衡点に達している。都市は人工物の総合体だから、人工の明かりだけに照らされたときに、その世界は人工の環の中に閉じて完結する。ここには揺るぎなく抜き難い秩序があまねく行き渡っていて、それが一つ一つの路地に染み付いている。この複雑に発達した秩序こそがこの場所の魅力の源泉であり、マカオの古い街並に、きらびやかさとは無縁ながらも、他には得難い穏やかな風情を与えていると僕は思う。一見くすみ、古ぼけてはいても、秩序とは美しいものなのだ。
a0169844_20131053.jpg


 最後はまたセントポールに出た。ほんの二泊の滞在だったけれど、久しぶりに訪れたマカオは以前と変わらぬ表情を悠然とたたえていたのが僕には何よりも嬉しく、楽しかった。
a0169844_201327100.jpg

[PR]
# by voyager2art | 2012-02-08 20:15 | 旅行記

元気になる音楽

 最近Facebookで友人がシェアしていた動画。僕はこれを観て一発で彼女のファンになった。誰でも、こういう音楽を必要とするときがあるんじゃないかな。上原ひろみさんという名前は知っていたけど、どんな演奏をする人なのか、恥ずかしながら今まで全く知らなかった。僕なんかより皆さんのほうが彼女のことをよく知っているとは思うけど、とても心に響いたからここに載せます。



[PR]
# by voyager2art | 2012-01-31 06:30 | ジャズ

サドラーズウェルズのポルーニン/Men in Motion

 守屋さんのブログでポルーニンがサドラーズウェルズに出ると知ったので、急遽チケットを買って行ってきた。少なくとも当分の間はこれがポルーニンの見納めだろうし、僕はロイヤルバレエの男性陣の中では最近ポルーニンが一番面白いと思っていたので、見逃したくなかった。
 イベント自体は、ロイヤルバレエの元プリンシパルであるイヴァン・プトロフの名を冠した"Men in Motion"という公演で、プトロフをメインに男性ダンサーを中心とする演目が並ぶ。プトロフが退団したのはつい最近ということで、僕が最初に観たロイヤルバレエ公演のくるみ割り人形のプログラムにも彼の名前が出ていたから、知らないうちに彼を観たことがあったかもしれない。でも、僕が踊り手の名前に注意するようになるまでには少し時間が掛かったし、その後も当分は女性ばかり見ていたので、男性陣の顔と名前と踊りが頭に入ってきたのはほんのここ最近。ということで、プトロフを彼と意識して観たことは一度もなかった。

Ivan Putrov
Men in Motion

Le Spectre de la Rose (Igor Kolb, Elena Glurdjidze)
Narcisse (Sergei Polunin)
Dance of the Blessed Spirits (Ivan Putrov)
(Interval)
AfterLight (Part One) (Daniel Proietto)
Ithaka (Ivan Putrov, Elena Glurdjidze, Aaron Sillis)

28th Jan, 2012 (Sat) 19:30 -
Sadler's Wells, London


 最初の演目の踊りがかなり残念な出来で、何だこれはと思っていると続いてポルーニン登場。舞台に出てきてからジャンプしたのか、ジャンプしながら登場したのか、今となってはよく憶えていない。とにかくその最初のジャンプで、いきなり雷に打たれたような衝撃が走った。人間離れした高さと力強さ。絶対的な威力ともいうべきものがそこにあり、圧倒的で揺るぎない表現がそこから溢れ出していた。その後もジャンプで魅せるかと思えば、笛を吹いて目には見えない誰かに語りかけ、何のセットもない舞台に現身(うつしみ)と幻影の二つの世界を鮮やかに作り出す。最後はシンプルな照明の中に豊かな情感を残しながら消えて行った。ほんの数分の舞台だったけれど、あまりの見事さに圧倒された。

 彼がロイヤルバレエを退団したというのは本当に残念なことだし、伝え聞くようにたとえポルーニンが身勝手な性格であったとしても、そういう人材を組織の中に留めておけなかったということは、ロイヤルバレエという組織の将来にわたる活性化を考えたときに、小さからぬ失敗だったかも知れない。今後ロイヤルバレエが男性陣をどう立て直していくのか、気がかりでもある。
 ただ、ポルーニンの側から考えると、今回の退団は彼にとっていいきっかけになる可能性もあるに違いない。これだけの才能の持ち主なので、バレエの外も含めて広い世界を経験することは、彼が今後も踊り続ける限りにおいては、彼にとって有益なことだろう。問題は彼が本当に踊り続けるか、というところで、こればかりはよく分からない。休憩時間に守屋さんが言っていたのは、彼を上手く導いてくれる人がいるかどうかということで、僕も全く同意見。良くも悪くもポルーニンはまだ若いので、この先彼がどう進むかという点において、危惧するところがないわけでもない。
 とはいえ、舞台で観衆に囲まれてライトを浴び、そこで何かを表現するということには悪魔的な快感があるものだし、これを一度でも経験した人間が、舞台と簡単に訣別できるとも思えない。いつになるかは分からないけれど、一回りも二回りも表現の幅を広げたポルーニンが、また我々の元に戻ってきてくれることを願って止まない。


 この日の公演でもう一つ印象に残ったのが、ダニエル・プロイエットという人が踊った"AfterLight (Part one)"だった。サティーの静かな音楽に乗って、極めて激しい動きの踊りが延々と続く。まるで、人がその生の中で圧迫され、苦悩し、必死で抵抗しているさまを、神か悪魔の視点に立って外から客観的に眺めているような舞台だった。音楽が静かなだけに、より踊り手の悶えるような動きが鬼気迫るような迫力を帯びてくる。これは恐らく、見る人ごとに非常に多様な解釈を許すに違いない。人はみんな自分の人生の中で精一杯苦労しているけれど、それはどれも外から客観的に見ればちっぽけな世界で苦しんでいるに過ぎない。でも、それが人間というもので、「人間って素晴らしい!」というほど人生単純ではないけれど、そんなに悪いものでもないだろう、と言っているように僕には見えた。今回の公演で一番の拍手とブラボーを集めていたのがこれだった。


 肝心のプトロフだけれど、技術的に特にこれがすごいという感じでもないけれど欠点もなく、表現も過不足なくまとまっていた。いい意味でも悪い意味でも、ロイヤルバレエの元プリンシパルらしいなという印象だった。
[PR]
# by voyager2art | 2012-01-29 19:55 | バレエ

極上の劇場/マイケル・ティルソン・トーマス&ロンドン交響楽団

 最近ずっとバレエばかり観ている、と言うのはものすごく贅沢なことではあるのだけれど、そうなると今度はどうしても上手いオーケストラが聴きたくなってくるときがある。ロイヤルオペラハウスのオーケストラもポテンシャルは高いと思うけど、オペラはともかく、バレエのときはどうしても不満が溜まることが多い。特に悪名高いのがトランペットで(上手い人ももちろんいるけど)、僕はそれに加えて弦楽器の音程が不揃いなのが気持ち悪いことが多い。あと、チェロとベースがただ音を並べているだけのことが多くて、音楽が痩せる。伴奏が歌えば歌うほど、音楽も多層的で奥深い豊かさを獲得するのだと、元チューバ吹きの僕は声を大にして言いたい。

 ということで、ロンドン交響楽団。やっぱり上手かった。脱帽。指揮のマイケル・ティルソン・トーマスの演奏は初めて聴いたけど、名声に違わない実力派だった。

Debussy (trans. Colin Matthews): Selected Préludes
Debussy: Fantasy for Piano and Orchestra
(interval)
Berlioz: Symphonie fantastique

Michael Tilson Thomas (conductor)
Nelson Freire (Piano)

London Symphony Orchestra

24th Jan, 2012 (Tue), 19:30 -
Banbican centre, London


 最初のドビュッシーの前奏曲集、僕はこの曲集が好きなので楽しみにしていたけど、最初の音を聴いた瞬間に寝てしまった。大好きな沈める寺もあってちゃんと聴きたかったのに、起きたら終わっていた。仕方ない。こういうこともあります。

 気を取り直しての二曲目は、ネルソン・フレイレを独奏に迎えてのドビュッシー。ピアノと管弦楽のための幻想曲。フレイレは録音、実演を通して演奏を聴くのが初めてだったけれど、彼の名前は以前から知っていた。特に数年前に彼が出したブラームスの協奏曲の録音が、ライブ盤にもかかわらず技術的に極めて水準が高いと評判になったのを聞いていたので、今日の演奏会を楽しみにしていた。

 その演奏、評判に違わずピアノが実に鮮やか。どんなに音符の多い譜面でも、一切の淀みなしに見事に流れていく。色彩的な音楽に合わせてピアノの響きも自在に変化する。音量のバランスの問題でピアノの音がオーケストラにかき消されてしまうところが何箇所かあったのは気になったけど、ピアノの演奏技術的には完璧な出来だった。
 ただ、残念ながら見事なのはここまでで、どういう訳か彼の演奏からは感興や音楽の愉悦というものが伝わってこない。音楽の表面上の彫琢は信じられないくらいの完成度なのに、それを通して表現されるべき本質的な表現意欲が、僕には聴き取れなかった。
 僕は、フレイレというピアニストは極めて有能な職人というべき演奏家なのではないかという印象を持った。もちろん一回の演奏だけでその演奏家を判断するのは不可能だし、特にこのドビュッシーの曲は、音楽の極めて限られた一面だけを要求する作品なので、余計に判断は難しい。でも、僕は彼が音楽の深刻な側面を表現し切るさまをなかなか想像することができない。機会があればもう少し別の種類の音楽で、そしてできればソロで、彼の演奏を聴いてみたいと思う。


 休憩の後はベルリオーズ。僕はこの幻想交響曲という作品をあまり聴かない。嫌いという訳ではないけれど、好んで聴く曲のリストからは抜けている。そんなわけで、おかしな話だけれど、僕はこれを久しぶりに(しかも実演で)聴くのを楽しみにしていた。
 第一楽章の冒頭、マイケル・ティルソン・トーマスは木管楽器の旋律を仔細極まる指揮で実に丁寧に導き出す。ちょっとやり過ぎでわざとらしいな、とも思ったけれど、その後はもうロンドン交響楽団の横綱相撲。久しぶりに聴くと本当に上手い。各楽器の音の充実、表現の豊かさ、そして楽器間のアンサンブルの精密さ。マイケル・ティルソン・トーマスが何か指示を出すと、オーケストラが全体で一つの楽器のようにまとまって即座に反応する。
 そのマイケル・ティルソン・トーマスの指揮、冒頭こそわざとらしいと思ったけれど、その後は実にバランスの取れた演奏だった。ある枠の外には絶対にはみ出さないよう完全にコントロールされた演奏でありつつ、しかもあちこちで色々と仕掛けてきて、オーケストラをよく歌わせた生き生きとした演奏だった。劇場で、それこそロイヤルバレエのくるみ割り人形のような、よくできた上質の演出の作品に接しているような感じ。本来この曲は「幻想交響曲」というよりも「幻覚交響曲」とでも訳したほうがしっくりくる作品だし、演奏も作曲者のグロテスクな執念や常識からの逸脱に焦点を当てた、どろどろと人間臭いアプローチが大いに面白いと思う。それに比べると今日のマイケル・ティルソン・トーマスの演奏はもっと箱庭的で、でもその完成度は極めて高いので、これはこれでとても面白かった。

 このアプローチは3楽章まで続いたけれど、続く4楽章と最終楽章は一気に盛り上がった。金管楽器のフォルティシモを遠慮なく解放して、その響きの力強く華やかなこと! ここでもドロドロの狂気とは無縁の演奏だったけれど、それとは全く別の興奮が充満していて、聴いていて痛快なことこの上ない。断頭台への行進のはずが、なんだかお祭り騒ぎのような熱狂に取って代わられていたけれど、そんなことはお構いなしの楽しさがここにはある。
 続く最終楽章も、サバトの不気味さよりも、その響宴の狂騒自体の純粋な白熱に焦点を当てたような演奏で、華やかに楽しく力強く、そして最後は圧倒的に輝かしく曲を締めくくって演奏を終えた。

 この演奏が幻想交響曲のアプローチとして説得力があるのかどうかはよく分からないけれど、ライブで聴く演奏としては極めて高水準の出来で、心から楽しめた。個人的には、最後の二つの楽章でチューバが大活躍するのも面白く、大満足の演奏会だった。
[PR]
# by voyager2art | 2012-01-26 08:14 | オーケストラ

セルゲイ・ポルーニン

つい今しがた、ロイヤルバレエから発表があり、ポルーニンがロイヤルバレエを去ったとのこと。突然のことで言葉が出ない。

http://www.roh.org.uk/news/sergei-polunin-resigns


News from The Royal Ballet

Principal Sergei Polunin has resigned from The Royal Ballet with immediate effect.

Royal Opera House
24 January 2012 at 6:14pm

Dame Monica Mason announced this afternoon that Principal Sergei Polunin has resigned from The Royal Ballet with immediate effect.

Born in the Ukraine, Sergei joined The Royal Ballet in 2007 from The Royal Ballet School. He rose rapidly through the ranks and was promoted to Principal at the end of the 2009/10 season aged just 19.

Speaking about the announcement, Monica Mason said:

“This has obviously come as a huge shock, Sergei is a wonderful dancer and I have enjoyed watching him tremendously, both on stage and in the studio, over the past few years. I wish him every success in the future.”
[PR]
# by voyager2art | 2012-01-25 03:54 | バレエ


ロンドンを起点に、音楽、写真、旅などについて書いていきます。メールは voyager2artアットマークgmail.comまでお気軽にどうぞ。


by voyager2art

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
オペラ
オーケストラ
ピアノ
室内楽
器楽
バッハ平均律1巻
バレエ
ジャズ
写真
絵画
演劇
雑感
楽譜

旅行記
旅行情報
旅行下調べ

その他
未分類

最新の記事

こっそりとお知らせ
at 2012-04-10 06:02
このブログを終了します
at 2012-03-01 06:35
超期待!の若手/ブニアティシ..
at 2012-02-26 02:18
寄り道香港
at 2012-02-14 07:13
京都
at 2012-02-13 04:54

最新のトラックバック

Debussy & Sz..
from MusicArena
Brahms: Vn-C..
from MusicArena
音遊びをする人たち シベ..
from miu'z journal ..
どんちゃん騒ぎのカタルシ..
from miu'z journal ..
LSO/ティルソン=トー..
from LONDON BORING ..
例えばE=mc2の美しさ..
from miu'z journal ..
フィルハーモニア管/マゼ..
from LONDON BORING ..
ロイヤルオペラ/『三部作..
from ロンドン テムズ川便り
久しぶりに上手いオーケス..
from miu'z journal ..
新しい注目株の予感
from miu'z journal ..

以前の記事

2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧